ED治療プロフェッショナルガイド » 人気のED治療薬 » バイアグラ完全ガイド » バイアグラの副作用

バイアグラを知るバイアグラ完全ガイドバイアグラを知る

バイアグラの副作用バイアグラの副作用

よく「バイアグラは危険な薬」「バイアグラを飲んで死亡した人もいる」など、バイアグラを麻薬か何かのように感じている人もいます。テレビや雑誌、週刊誌などの影響で、「バイアグラは怖い薬だ」という印象をもっている人は少なくありません。しかし、バイアグラの用法容量を守っていたにも関わらず死んでしまったり、意識不明になってしまうなどということは、絶対にありえません。
ただし、軽度の副作用は見られます。例えば、動悸を感じたり、顔がほてる、頭痛、目の充血、鼻が詰まるなどの症状が代表的な副作用です。これはバイアグラが血管を拡張して血流を良くする効果があるため起こるもので、これらの症状が出たとしても心配することはありません。ただ、どうしても副作用が不安だったり、つらいということであれば、バイアグラのサイズは50mgではなく25mgにしたほうがいいでしょう。もしくは、バイアグラよりもゆっくりと効果が現れるED治療薬・シアリスを試してみるのも手です。
また、バイアグラを使用する際にはアルコールを控えること。少量なら問題ありませんが、過度のアルコールはバイアグラの効果を弱めてしまうことが報告されています。また、バイアグラによって体の血の巡りがよくなっていますから、アルコールの回りも良くなり過ぎて、二日酔いになりやすくなります。とくにバイアグラを使い慣れていない間は、なるべくお酒は控えめにすることをおすすめします。
ですが、アルコールを飲むことでリラックスできるのであれば、むしろバイアグラの効果は高いものになるでしょう。

バイアグラの飲み合わせ禁忌バイアグラの飲み合わせ禁忌

バイアグラの最も怖い飲み合わせ。それはニトログリセリンとの併用です。
バイアグラには血管を拡張する作用があります。それと同様に、ニトログリセリンも血管を拡張する効果があり、心臓病の薬として使用されています。つまり併用するとその効果がダブルで発揮されてしまい、血管が拡張されすぎて血圧が著しく低下してしまう恐れがあるのです。そのため、クリニックや病院では問診の際に、必ずニトログリセリンを服用していないかを確認されます。ニトログリセリンは、その他のED治療薬であるレビトラやシアリスとの飲み合わせも大変危険。同様に、重い不整脈の際に処方される「アンカロン錠」「アミオダロン塩酸塩錠」なども併用禁忌薬です。さらにレビトラでは内服用水虫薬や抗不整脈薬などとの飲み合わせもいけません。
なんらかの薬を服用している場合は、必ずその薬名を控えるか、持参するかして、医師に判断を仰いでください。

ED治療薬TOPIX!ED治療薬TOPIX!

飲みすぎ注意!怖い副作用

日本で販売の認可がおりているバイアグラは25mgか50mg。海外では100mgのバイアグラも売られているが、日本人男性は世界的に見ると比較的小柄なので、25mgや50mgでも効果はしっかりと感じられるはず。よけいに飲みすぎることで通常よりも副作用が重く出てしまったり、場合によっては非常に危険な事態になってしまうこともある。バイアグラは医薬品。睡眠薬や風邪薬と同じく、用法容量を守って飲めばとても素晴らしいものだが、体に直接効果を与えるわけですから、容量を無視すれば体に与える影響は決して良いものではない。だから、プロである医師の処方と説明どおりに服用するようにしよう。

バイアグラ処方クリニックはココへ行け! 人気クリニックピックアップ!
ED治療なら迷わずココ おすすめクリニック5選 [病院を探す]ED薬を処方している関東のクリニック 最強治療薬パーフェクトガイド

三大ED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリス。効果や副作用、飲み方は、似ているようでそれぞれ違う。3種類の薬を徹底解剖!

  • バイアグラ完全ガイド
  • レビトラ徹底ガイド
  • シアリス必読ガイド
  • シルデナフィル錠納得ガイド
     EDの基礎知識 もしかして?と思ったら
ED治療のギモン    

サイトマップ