ED治療プロフェッショナルガイド » 人気のED治療薬 » レビトラ徹底ガイド » レビトラのジェネリック

レビトラを知るレビトラ徹底ガイドレビトラを知る

レビトラのジェネリックレビトラのジェネリック

『レビトラジェネリック』もバイアグラ同様に多数製造・販売されています。純正レビトラが1錠1500円前後するのが普通であるにも関わらず、『レビトラジェネリック』であれば、1,錠200円程度で入手できるサイトまであります。※ジェネリックの説明については『バイアグラのジェネック』をご覧ください。
『シプラ』『ベルデナフィル』『SAVITRA』『ジェビトラ』『バリフ』『ジェネリックレビトラ』『ビットリア』…など、商品名も多種多様ですが、これらの商品はすべて、"オリジナルのレビトラの有効成分である『バルデナフィル』を同じく有効成分にしている"とサイトで説明されています。またジェネリックは様々な形状をしていることも特徴です。例えば『ビットリア』はシート状の形体をしており、舌下にはさんで溶かして吸収するようにできています。そのため従来のレビトラ(錠剤)のように水を必要としません。
ですが、レビトラは国際特許がまだ有効です。そのためジェネリック医薬品として製造・販売することは認められていません。もちろん日本も例外ではありません。しかし『バイアグラのジェネック』でもお伝えしたとおり、インドでは製造・販売が行なわれています。そのため、インターネットで流通している『レビトラジェネリック』の殆どはインド製だと思われます。ただ、日本をはじめとする世界でのジェネリック認可は下りていませんし、日本国内での安全検査も受けていない製品ですので、正確には『レビトラのコピー製品』と言えます。

レビトラの個人輸入に注意レビトラの個人輸入に注意

レビトラにしろ、レビトラのジェネリックにしろ、医療機関での処方ではなく個人輸入した場合には、それらを服用したことによる副作用のすべては何もかも自己責任です。具合が悪くなっても誰のことも責めることはできませんし、公的機関に治療費用を助けてもらうことも出来ません。そして『求めた商品が届かない』『発注したものと別のものが届いた』『まったく効果がなかった』などの様々なトラブルも、自ら解決するしかありません。
また、個人輸入代行業者に対し、輸入を依頼する医薬品に関する説明(効果や副作用など)を求めても、薬事法の規定により答えてもらうことはできません。レビトラやジェネリックの知識は全て自分で情報収集する必要があります。そして購入金額によっては関税がかかります。
その他にも、細かいことですが、個人輸入代行による商品の発送先は自宅発送しか認めていない代行業者が多いです。家族に見られたくないから、と勤務先や事業所を発送先に指定しても、それが認められないことがあるのです。また、無事届いたとしても、クーリングオフ制度の適応はありませんので、万が一返品したい…と思っても不可能です。
レビトラやレビトラのジェネリックを個人輸入する場合は、こうしたいろいろなデメリットを覚悟した上で利用する必要があります。

ED治療薬TOPIX!ED治療薬TOPIX!

個人輸入は覚悟が必要!

インターネットの個人輸入代行サイトなどでは、『海外版ED治療薬の個人輸入は合法です!』と強調されているサイトが多く見られる。たしかに、個人で使用することを目的としていれば、個人輸入は法には触れていない。例えば日本では認可されていないバイアグラ100mgも、個人輸入では手に入れることも可能だ。しかし、偽造品が多く出回っているインターネットで、「誰がどんな風に作っているかわからない」「どんなルートで手元に渡ってくるかもわからない」「どんな環境で製造しているかもわからない」「中に何が入っているかわからない」「国内の適切な検査も受けていない」そんな『?』を全て信じて成分を口にする覚悟がいる。無数にいる悪徳業者をすり抜けてまともな製品に出会うほうが難しいのだ、と思おう。

ED治療なら迷わずココ おすすめクリニック5選 [病院を探す]ED薬を処方している関東のクリニック 最強治療薬パーフェクトガイド

三大ED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリス。効果や副作用、飲み方は、似ているようでそれぞれ違う。3種類の薬を徹底解剖!

  • バイアグラ完全ガイド
  • レビトラ徹底ガイド
  • シアリス必読ガイド
  • シルデナフィル錠納得ガイド
     EDの基礎知識 もしかして?と思ったら
ED治療のギモン    

サイトマップ