ED治療 > 食事と運動でED予防

解決します!ED治療のギモン

コラム1

EDになる前にEDを予防しましょう!

「もしかしてED?」悩む前に試してみたい、自分でできるED予防策

「最近どうも勃ちが悪い」「初めて中折れしてショック」など、精力減退を人しれず悩んでいる男性は、実は驚くほど多いのです。大半の人がそのまま放置してしまいますが、EDは予防策を早めに打ったほうが改善も早いことがわかっています。悩む前に、まず自分でできることから始めてみましょう。

器質性EDの場合は生活習慣の改善が第一

EDには血管や神経など、体の器官に何らかの障害が出ている「器質性ED」と、特定の薬を服用していることでおこる「薬剤性ED」、ストレスや緊張などが心理的な問題でおこる「心因性ED」の大きく分けて3タイプに分かれます。そのうち最も多いのが、中高年層を中心に患者が多い「器質性ED」です。
器質性EDがおこる最大の原因は、生活習慣病の影響だといわれています。人は誰でも年齢とともに神経や血管にさまざまな障害がおきてくるもの。そこに糖尿病や高血圧、高脂血症、心血管障害など、血液の循環に障害をおこす生活習慣病の症状が加わると、血管がつまったり血行不良になって、勃起に必要な血流を確保することができなくなってしまうのです。
中高年になるとEDが急増するのは、生活習慣病の症状が悪化してくるから。特に高コレステロールからくる動脈硬化によって、血管がつまって血行不良になると、全身で最も動脈が細いペニスの血流から悪化していきます。今や「EDは動脈硬化のバロメーター」といわれるほどです。
日々の生活習慣が原因のEDは、すべての男性におこる可能性があります。特に最近では生活の乱れなどから30代など若い男性にも器質性EDに悩む人が増えています。「もしかしてEDなのかな?」と心当たりのある方は、今日から生活習慣を見直しましょう。
生活習慣病はその名の通り、食生活の乱れや偏食、飲酒喫煙といった習慣や趣向を続けることでおこります。生活習慣というのは「楽しいから」「好きだから」習慣になるわけで、いわばライフスタイル。それを変えるというのは簡単ではありません。けれど、今日から始めれば5年後、10年後の未来が確実に変わります。大事なのは、意識を変えること。生活を見直して根気よくコツコツ続けることで、しっかりEDを予防しましょう。

食事でEDを予防

ED予防策としてまっさきに考えたいのが、食生活の改善です。糖尿病や動脈硬化、高脂血症など、代表的な生活習慣病は血流の障害によって発症しますが、ジャンクフードや糖分・脂肪分の多い食事を摂りすぎることで血管がつまりやすくなったり、血液がドロドロになるのが原因です。
「食事時間がバラバ」「外食が多い」「好き嫌いが多い」といった方は、まずは規則正しい食事と栄養バランスを意識することから始めましょう。特に仕事が忙しい男性は、ついつい外食やコンビニ食ですませたり、飲んだ後にシメのラーメン…と夜遅い時間に脂っこいものを食べることが多くなりがちです。こうした食生活は健康な体はもちろん、EDの原因にもなりますので要注意!
  仕事柄どうしても外食が多くなってしまう方は、食材や食べる順番を意識しながら食事をする習慣をつけましょう。たとえば肉や揚げ物などの脂っこい料理、麺類などの炭水化物はなるべく減らし、魚、豆、海藻、野菜、きのこ類が入ったメニューを選ぶと血液がサラサラにすることができ、勃起を司る血流をスムーズにします。また食べる時は野菜やきのこ、温かいスープなどを最初に摂り、炭水化物を食べるのは終盤に。
「精力増進に効く食材を積極的に取り入れたい!」という方は、牡蠣や豚レバー、うなぎがおすすめ。これらは別名「セックスミネラル」とも呼ばれる、精子の生成を促進する亜鉛を多く含んでいるので、食べることで精力が増して勃起力を高めます。

毎日の少しずつの運動がEDを改善します

運動もED予防の重要な要素です。セックスに十分な勃起力を保つには、血行をよくすることがポイント。血行を改善するためには、心肺機能を高めて血流をアップさせる運動は欠かせません。
適度な運動は全身の血のめぐりをよくしたり、筋力をアップして新陳代謝を高め、脂肪が燃えやすい体を作ります。また心肺機能を高めることで血液の流れを促進することもできるだけでなく、運動による爽快感で気分がリフレッシュできるという効果もあります。
運動不足を解消する目的であれば、毎日無理なくコツコツ続けられる運動がおすすめですが、「勃起力にズバッと効くような運動がやりたい!」という方は、スクワットを取り入れましょう。スクワットは全身の中で最も大きな筋肉である大腿筋と大殿筋を動かすため、血流アップ効果が高いのが特徴。また男性のペニスは1/4にあたる根元は体の中に入っていて、スクワットをすることで根元周辺の筋力を鍛え、勃起力を高めることができるといわれています。
逆に、男性にとって注意したいのがサイクリング。1時間程度のサイクリングなら問題ありませんが、それ以上自転車に乗っているとペニス周辺がサドルに圧迫されて血行が悪くなります。実際に自転車先進国の欧米では、サイクリングによってEDを引き起こす「自転車ED」が多数報告されています。特に前傾姿勢になるため、より圧迫が強くなるマウンテンバイクなどのスポーツタイプを乗る場合は、パッド入りのサイクリングパンツを履くなどのED予防策をとるとよさそうです。

クローズアップクリニック

新宿院 畔上卓昭院長

イースト駅前クリニック

[駅近][男性職員][院内処方][無休][予約不要][診察無料]

ED治療ならここ、と多くの男性から支持される「イースト駅前クリニック」。

ED治療なら迷わずココ おすすめクリニック5選

[病院を探す]ED薬を処方している関東のクリニック

最強治療薬パーフェクトガイド

三大ED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリス。効果や副作用、飲み方は、似ているようでそれぞれ違う。3種類の薬を徹底解剖!

  • バイアグラ完全ガイド
  • レビトラ徹底ガイド
  • シアリス必読ガイド
  • シルデナフィル錠納得ガイド

人気御礼バイアグラ処方人気クリニックピックアップ

新宿 新橋 大阪
名古屋 神戸三宮
横浜 博多

イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニック

新宿:03-5363-1181
新橋:03-6206-1811
大阪:06-6311-0181
名古屋:052-454-0181
神戸三宮:078-272-1181
横浜:045-320-1181
博多:092-413-0181
なんば: 06-6210-5184
広島: 082-568-6800
札幌: 011-213-0181

ED治療ならここ、と多くの男性から支持される「イースト駅前クリニック」。全国7拠点に優秀な専門医を抱える人気の大手クリニックを取材しました。

[関東]このクリニックへ行け!おすすめ治療病院

ED治療のギモン

サイトマップ

ページトップへ